舌側矯正.info HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

Q1 舌側矯正の治療期間はどれくらいかかりますか?
ゆめりあ矯正歯科クリニックの院長は日本矯正歯科学会指導医で矯正治療に関する卓越した知識と技術があります。そのため、見えてしまう矯正と変わらない期間で治療が可能です。また、通常の舌側矯正より早く終了する場合もあります。患者様一人ひとりの症状にもよりますが、基本的には2年以内で終了します。
Q2 慣れるまでにどれくらい時間がかかりますか?
最初はどうしても矯正装置が気になり、違和感があると思いますが、一週間から二週間を目安にほとんどの患者様が違和感なく生活されています。ご安心ください。
Q3 発音しづらくないですか?
矯正装置を装着してから2週間程度は、発音しづらくなる傾向にあります。特に「サ行」が言いづらくなることがありますが、発音練習をして慣れていきましょう。実際に英会話の先生、演劇家、航空会社にお勤めの方も治療を受けておられますが、皆様支障なくお使いいただけております。
Q4 食事をするときに気を付けることはありますか?
いつもと同じように食事をしていただけますが、装置調整直後の2、3日は噛むと歯が痛くなることがあります。調整直後は、なるべくやわらかいものを召し上がってください。また、おせんべいや氷など硬い物を食べるときには装置にも強い力がかかりやすく、装置が外れてしまうことがありますので、乱暴な食べ方はせずに小さくして召し上がってください。
Q5 ブラッシングの問題はないですか?
慣れるまでに多少時間がかかるかもしれませんが、今までよりも丁寧なブラッシング(歯みがき)を心がけていただければ特に問題はありません。ご希望があれば、歯のクリーニングを行います。
Q6 50代からでも治療を受けられますか?
50代のみならず、60代以上の方でも舌側矯正は可能です。
ただし、この年代になると歯周病を患っている患者様が多い傾向がございますので、歯周病の処置にも配慮しながら進める必要があります。矯正治療を熟知した専門医のいる医院で治療を受けるのがよいでしょう。
今さら矯正なんて…と思わず、一度ご相談ください。
Q7 治療料金は高くないですか?
患者様ごとに症状と費用をお聞きし、一人ひとりに適した治療法をご提案させていただいております。まずは、お気軽にご相談ください。
Q8 舌が痛くなることはありませんか?
奥歯に付けている装置が舌にあたって痛むことがあります。このような症状が出たときはご相談ください。患者様ごとに最適な処置を行います。
Q9 さし歯があるのですが、舌側矯正は可能ですか?
事前に歯根の状態を確認させていただきますが、基本的には可能です。歯根の状態がよくない場合でもいろいろな方法が考えられますので、お気軽にご相談ください。
Q10 むし歯の心配はありませんか?
歯の裏側は常に唾液で洗浄されているため、見えてしまう矯正よりもむし歯になりにくいとされています。
Q11 スポーツをしても問題はないですか?
歯の裏側に矯正装置を装着しているため、どんなスポーツでも基本的に問題ありません。格闘技など顔面に衝撃が加わる可能性のあるスポーツをされる方には舌側矯正をおすすめしています。気になる方はご相談ください。